News

ニュース

{

class-report

}

【クラスレポ】aya →『つくる・骨盤ヨガ』かをる

2016年10月1日


こんにちは!
水曜日の昼クラスを担当しています、ayaと申します。
今回は、かをる先生の【つくる】に参加してきました!

かをる先生に会ったことのある方はご存知だと思いますが、見た目はパワフルで元気そう!
だけどお話してみるとお母さんのような優しさで包み込んでくれて、とっても愛情溢れる方なんですよね。

骨が好きらしく、プロフィール写真も人体骨格とのツーショットとか、、、(笑)
そんなかをる先生のクラス、どう “つくる” のか。体験レポートをどうぞっ

↓↓↓

 

レッスン前に「今日は伸ばすクラス〜」なんて話しているのを小耳に挟みました。
毎回テーマが違うのかな。いろんなテーマを試してみたいですね。

いざ、つくるクラス開始です!
まずはマットの上に座って目を瞑り、静かに呼吸を感じることから始まっていきました。
目を閉じているときに聞こえてくる かをる先生の声がとても優しくて、その中に強いものも感じ安心感と信頼感に包まれます。
これから始まる時間に身を委ね、準備を整えるしっとりとした静の時間からのスタートでした。

 

次は仰向けに。
ブロックやベルトを使いながら丁寧に股関節へとアプローチしていきます。
こんな動かし方があるんだ〜なんて思いながら、ひとつひとつの動きを終える度にその部分がほぐされているのが分かります。
少しずつ骨盤周りが柔らかくなり、ひと通りの動きを終える頃にはやんわりと温かく、やさしい気持ちさえ生まれています。

四つんばいでは、お腹周りや他の様々な筋肉をコントロールしていくことも増えてきます。
ぐっと意識を集中させ、ポーズから放れたときの心地いい安堵感も。

続いて太陽礼拝や立ちポーズへ。
骨盤にも意識を向けながら、さらに身体全体を使います!
身体が伸びることを喜んでいるような、動いていくごとに “変化していくカラダ” をはっきりと感じていました。

ちょっとがんばるポーズのときも柔らかい声に支えられ、ひとつ上のがんばる自分にチャレンジしていけるんです。

この日は、四つんばい・低い姿勢・立ち姿勢のそれぞれにバランスをとるポーズがありました。
バランスをとるということは、身体の隅々にまで意識を向けること。
集中。
力を入れるところと緩めるところの具合。
自分をじっくりと感じ、今を知って、見つめることのできる時間でした。

 

かをる先生はわたしたちをしっかりと見ていてくれて、これでいいのかな?なんて不安になったとしても
ていねいにやり方を教えてくれるので安心です。
こうしたらいいよーとソフトに話しかけてくれた後の「ニコッ」っていう顔がたまらなかったり (笑)。
ついついわたしもニッコリです♪

ポーズの終わりのときには、毎回かをる先生が呼吸を促してくれるのですが、
「大きく吸って〜…吐いて〜…」「ふぅ…。」という言葉の後に、わたしの心の中では「♪」マークが浮上!
もはや、かをる先生のポジティブで優しい声とニコニコ顔の虜です!

がんばったカラダをマットにあずけて、外からのそよそよした風を感じながらのシャバアサナは気持ちよかったです。
しっかり身体も開いています。

 

カラダをつくる。って、
丁寧に丁寧に、カラダを正していくことで、
本来持っている美しい姿へと導いていくものなんだなと感じました。

そうしてつくられたからだは、それぞれの役割を正常に動かしていくことのできる大切な土台。
だから、次へとチャレンジしていくことができる。

素敵なクラスだなぁ。。。
なんてしみじみしてみたり。

 

からだをつくりたい方はもちろん、かをる先生の楽しさに触れたい方や、
お母さんのような声に導かれながらアサナをしたい!なんて方までわたしはおすすめしますっ!!

素敵な木曜日のお昼を過ごされますように♪

 

Writer / aya(http://vende.jp/inst/aya/

 

☆・・Class Information・・・・・・・・・・・・☆

『つくる』
要となる骨格を意識しながらポーズを練習し、
快適に過ごせるからだを目指す調整クラス。
ヨガを通したからだづくりに興味がある方へ。

開催:(木)11:15-12:30
講師:かをる
詳細:http://vende.jp/classname/tsukuru/

今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

Copyright © 2016 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る