News

ニュース

{

column

}

【コラム】ヨガインストラクター養成講座を受けるって?:ゆかの場合

2016年10月23日


iphone-2016-10-16-14-46-21-642-1

先日、これから始まるヨガインストラクター養成講座の “覗き見”講座をやってみました。

みなさんの話を聞いていて、「興味はあるけど・・・」という回答がとっても多く、
確かにいきなり決断するには時間もお金もかかるし、不安もあるよなぁと気づかされました。
またみなさんに教えてもらっちゃった。ありがとうございます。

 

そこで開催してみたのが、この “覗き見”講座。
実際のヨガ養成講座で使用するテキストから抜粋し、どんな風に行っていくのか、体験していただきました。
穏やかな昼下がりの日差しの中、
「ふんふん」「なるほど~」「へー」「きゃー!」なんて声が溢れ、
お互いに発見たっぷりの時間を過ごさせてもらいました。

iphone-2016-10-16-14-46-21-642-1

覗き見講座に参加いただいた方は、ほとんど養成講座への参加を決めました。
1名だけ、タイミングが揃わず次回に。その決断ができたこともまた素敵なことだと思います。
タイミングについてもとっても大事なので、最後までコラム読んでもらえたら嬉しいです。
長いけど。笑

さて、ヨガ養成講座の参加を決めるにあたって、いただいた質問がいくつかありました。
選択の参考になるといいのかなと思うので、ブログというかたちでお話してみようと思います。

これはあくまで、ゆかのバ・ヤ・イのお話です。笑

 

◯ヨガをどれくらいやって、養成講座にチャレンジしたの?

実はわたしは、ヨガ歴というと、本当にゼロでいきなりヨガインストラクター養成講座にチャレンジしました。
どうせお金を払ってクラスに通うのなら、そのまま資格がとれた方がいいじゃないという、合理主義な感じ。
やーねー。。笑
もともとダンスを長年学んでいたので、からだの知識や身体技能的な不安点はそんなに感じてなかったんだと思います。
申し込んだその時には、「ヨガってストレッチでしょ?」くらいの認識。(ごめんなさい。)
でも、漠然とインストラクターにはなりたいと思っていたし、それを資格として証明できることは大事だなって思っていました。
なので指導法をしっかり学べることに期待をしていました。

 

◯どうやって講座を選んだの?

上記のような感じだったので、右も左も分からず、合同説明会に参加してみたり、資料を取り寄せてみたり。
業界のことは全く知らなかったので、有名なスタジオとか有名な先生とか流派とか、そういうことは考えてませんでした。
というか、わかりませんでした。笑
期間とか場所とか、本当に様々で、1ヶ月有給とって海外でとってもいいかな~とか。
最終的には働きながら学べて、なんとなくノーマルな雰囲気のところにしました。笑
決め手は、合同説明会に来ていた先生がキラキラしていたことかな。ミーハーです。
また、ヨガ歴ゼロは自分でも気になっていたので、いっきに集中してとるのではなく、時間をかけてとることを選びました。
資格取得まで、半年くらいかかるコースだったと思います。
平日は朝から終電まで仕事して、土日に講座を受けまくるという生活。
その中でレッスンにもできる限り参加して、ヨガのクラスとは何かというのを知っていこうと思いました。

 

◯参加してどうだった?

最初に驚いたのは「インストラクターになる!」という人ばかりではないんだぁということ。
職業にするしないに関わらず、ヨガインストラクターの資格を持ちたい人がいるって、
ヨガってすごいんだなって興味がぐんと湧きました。
こりゃストレッチじゃないぞと。(ほんとごめんなさい。)
で、楽しかったです。
そのときは、仕事に疲れてたというのもあります。目の前のことに精一杯にならざるを得なかったというか。
だから、なんだか久しぶりに「こうしなきゃ」じゃなくて「こうしたい!」で動いている自分を感じて、
楽しかったんだろうなって思います。

 

◯卒業したらすぐインストラクターになれたの?

ヨガインストラクター養成講座を修了してすぐは、まだ会社にいました。
でも上記に書いたように「こうしたい!」が強くなって、それが会社で働くということとは違ったので、辞めました。
養成講座を通して気持ちも変わっていたので、会社に対しても前向きにはなれていましたが、
「こうしたい!」の方が強くなってたから、間違った選択じゃないなっていう自信がありました。
(いや、会社もほんと素敵なお仕事で人にも恵まれていて感謝いっぱいなんですが、自分の志向という意味です。)
その後は会社を辞めてから、本格的にオーディション等を受けて、
インストラクターの仕事を少しずつさせていただけるようになりました。
いきなりたくさんのクラスは出来なかったけど、ヨガスタジオの受付とかもやってみたりして、
少しずつヨガスタジオというのがどういう場所なのかというのも学びながらだったかなぁ。
また、そういう仕事も通して、インストラクターの仕事ってクラスだけじゃないってことも気づけました。

 

◯他にどんな風に資格を活かしている人がいるの?

様々です。
前述のとおり、スタジオでクラスをするだけがインストラクターの仕事ではないので。
自分の周辺の人にハッピーを届ける為に、おうちとか公民館で好きなクラスをやる人もいる。
多くの人にハッピーを届ける為に、たくさんのスタジオやイベントでの講師を目指す人もいる。
自分をハッピーにする為に、学びを続ける人もいます。
必ずしもクラスじゃなくても、ライターとしてWEB上でヨガに関するコラムを書いたり。
ヨガやアーユルヴェーダに関するグッズやウェアの開発に携わっていたり。
“からだ”って普遍のものだから、ヨガ養成講座で学んだことは、
必ずしも職業でなくとも、日々の様々なところで生きてくるはずです。

 

ヨガインストラクター養成講座をやるかどうか。
そこに「こうじゃなきゃいけない」は本当に存在しません。

もし興味が少しでもあるのであれば、チャレンジしてみて欲しいなぁ。

また、仕事としてのことを言うなら、ヨガだけでなく、インストラクターという仕事も奥が深いので、
養成講座を修了してからもずーっと学び続けることは忘れていません。
資格をとったからインストラクターなわけではなく、
経験や環境や哲学がだんだんと人をインストラクターにしてくれるんだと思います。
これはどんな仕事においてもそうですけどね。
だからわたしをインストラクターにしてくれているのは、バンデに来てくれているみなさまのおかげです。
この場をかりて。いつもたくさんのことを教えてくれてありがとうございます。

おおげさだけど、ヨガ養成講座って人生観が変わると思うから、
ヨガが好きならみんなにオススメしたいのですが、どんなことにも必ずタイミングはあります。
だから、無理はしない方がいいです。
何かから逃れるためでなく、何かに向かうためであれば、それはすごく素敵な選択で、
ヨガ養成講座は、そこに近づくヒントをたくさん得られる場であることには間違いないと思います。

気になっていたり、悩んでいたら、ぜひぜひお気軽に相談してくださいね!

 

ゆか

今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

Copyright © 2016 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る