News

ニュース

{

god

}

【ブログ】インドの神様を(ゆるゆると)語ってみる。vol.5

2015年09月19日


いやはや、もう9月も半ばを過ぎたのですね。。
お久しぶりすぎる、神様シリーズ。
ゆるゆると語っているこのブログシリーズ、頻度までゆるゆるでございます。。

さあ、お待たせしました、第5回目の神様は、この方!!

ヴィシュヌさまなのです!

 

ヴィシュヌさまは、シヴァさま、ブラフマーさまと並び、
ヒンズーの三大神と言われるお方です。

このお二方との関係性については諸説ありますが、
実は、yogakkoという情報サイトに番外編として、
バンデ的解釈をご紹介させていただきました。

知れば知るほどかわいいヒンドゥーの神と、ヨガをつなぐ言葉。

なので今日は、ヴィシュヌさまがどんなお方か、
またいつものようにゆるゆると書いていこうと思うのです。

 

さて、イラストではへびの上に横になっているヴィシュヌさま。
ただのへびではなく、竜王アナンタでございます。
宇宙ができる前にこのへびさんの上に寝ていたヴィシュヌさま。
そのおへそから蓮花が咲き、ブラフマーさまが生まれ・・・という創世神話は有名です。

そして、この世界はヴィシュヌさまの夢・・・と言われたりもします。
ましてや、人間ひとりの人生はヴィシュヌさまの一呼吸とか。。

この一生懸命生きている毎日をひとりの昼寝してる神様の呼吸って!!とも思ったのですが、、

睡眠時間の単位を聞いて、どうでもよくなりました。
なんとね、311兆400億年。。

うん、夢でいいやってなりますね。呼吸でいいやって。
だから、どうかしあわせな夢をみて、安らかな寝息をたてていてくださいって。

つくづく、人間ってちっぽけで、途方もない数字のもつ力って、本当でかくてありがたい。
みなさま、思い悩んだら、ヴィシュヌのつもりで大きく深呼吸することにしましょう。
その呼吸により、何かが死に、生まれ、世界が変わるんですから。

 

そう、一眠りする度に夢をみて、世界を生み出すヴィシュヌさま。
もちろん、その夢には自分が登場しています。
今回は姫を救う英雄(ハヌマーンのときのあの人です ※1)、
今回は人々の危機を救う動物、今回は悪から世界を救う救世主・・・
という具合に。
夢の中で、ブッダだったときもあるようです。

これが、有名なヴィシュヌさまの得意技“化身(アバター)”です。
いくら自分でみている夢とは言え、ストーリーのコントロールはできないですからね。
よくないことが起こることもありますが、そのときは自分で責任をもって登場します。
さすが、世界を維持する役割をもつ神。
姿を変えて、人々の前に現れ大活躍してくれるというわけですね。
夢の中の姿は英雄かも知れませんが、寝ているヴィシュヌさま本人はこのとき、
うなされている状態かもしれません。

 

今、ヴィシュヌさまはどんな夢をみているのかしら。
この国が今、変化をしているようだけど、ヴィシュヌさまの呼吸は穏やかかしら。

ヨガの時間、できるだけキレイな空気を取込んで、できるだけキレイにして返しているように、
一呼吸である我々人間ひとりひとりが、健やかにしあわせに生きていれば、
神の安眠を阻むことなく、世界の平和を維持できるのかも知れませんね。

 

 

ちなみに。
手にもって、ブーンとまわしているのは車輪。すなわちチャクラです。
ヴィシュヌさまの武器。
悲しみに暮れるシヴァさまのために、サティーさまのご遺体を切り刻んだ、あれ(※2)です。
ははは。

※1 参考:http://vende.jp/god/myth3/
※2 参考:http://vende.jp/god/myth_4/

今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

Copyright © 2016 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る