News

ニュースa

{

love_oashiage

}

029 おもてなしの心があふれる空間 “元氣になるごはん かえもん浅草本店”

2016年10月18日


浅草駅周辺のにぎやかなところから少し路地に入ったところに『かえもん』はあります。

駅の喧騒から離れホッと一息、
「お腹もすいてきたなぁ、でもどこで食べよう・・」
なんておなかを空かせた外国人観光客の方も、思わず足を止めてしまうような素敵な雰囲気。

産地直送の新鮮な有機無農薬野菜やお米、豆、雑穀の美味しさを生かした、
100%植物性の「手作りのオーガニックごはん」のお店。

しかも、都内でもまだまだ珍しい「ヴィーガン対応」「オリエンタルベジタリアン料理」の専門店です。

7_%e5%85%83%e6%b0%a3%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93-%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-1

 

広く明るい店内ではいろいろなワークショップも開催されています。

7_%e5%85%83%e6%b0%a3%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93-%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-3

・・・・ヴィーガンとは、
絶対主菜主義・純粋主菜主義・完全菜食主義といったことを表します。

菜食主義といってもベジタリアンとは似て非なるもの。
動物によって生成されたものを一切拒むという食生活です。
卵・蜂蜜・乳製品・蜂蜜等も動物性の食品。だからこれらは口にしないのが菜食主義です。

これらをすべて使用しないごはんってあり得るの??って感じですよね。
でも、かえもんさんのごはんは、その問題を完璧にクリアしてくれています。

肉・魚・卵・乳製品・白砂糖を使わない超ヘルシーメニュー。
野菜は契約農家さんが栽培している有機無農薬栽培の野菜。お米も豆も雑穀もだそうです。
これらを使用した〈手作り〉を大事にしたごはんを提供してくれているのです。

また、精進料理と同じ考え方で、五葷(ごくん)と言われる、ニンニク・ニラ・玉ねぎ・ネギ・らっきょう等、
刺激の強い食材も使用しません。
なぜ、これらの野菜を使わないかというと、『肉』『魚』を使わないお料理にこれらを使ってしまうと、
『胃腸』に対して刺激が強すぎてしまうから。

からだにやさしいわけですね。

 

でもぜんぜん質素じゃないんです(笑)
ここまでこだわった料理って味気なかったり、見た目が??だったりイメージしちゃいませんか?

でも見てください、ドーン!

7_%e5%85%83%e6%b0%a3%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93-%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-2

お奨めメニューは酵素玄米ごはん付きのランチセット(税込1,600円)です。
オーガニックのとても上等なお野菜をふんだんに使用したお料理は、『お肉好き』の方でも満足できるボリューム!
お味もバッチリなメニューが揃っています。

7_%e5%85%83%e6%b0%a3%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93-%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-1

人気ナンバーワンはランチセットのマッサマンカレー付き(税込2,000円)とのこと。
これらのメニューには無農薬野菜のサラダバーとオーガニックドリンクのドリンクバーがついていて、たいへんお得♪
最近追加されたというハーブティー3種、これらもすべておかわり自由です。

7_%e5%85%83%e6%b0%a3%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93-%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-5

 

ヴィーガン料理の素敵なところは、ヘルシーなだけではありません。

「国籍、宗教、人種を超えてどんな人でも一緒に一つのテーブルで同じ料理を楽しんで欲しい」

宗教や文化的な背景から動物を食さない民族があります。
でも、ヴィーガン料理なら安心。
人種を越えて、ひとつのテーブルに一緒に。
それをかたちにできることって、とっても素敵なおもてなしだと思います。

 

グルメな日本人。
肉や魚、香菜を使わずに、満足な味を出すのは並大抵のことではないはず。
かえもんさんは試行錯誤をくりかえしながら、このこだわりのレシピを開発しているそうです。

私が訪れた日、ランチタイムのみの営業の日でした。
営業時間が過ぎているのにもかかわらず、私が訪問した15:00くらいでもキッチンでカシャカシャと音が。
メニュー開発の最中だったのでしょうか。

「『五葷』抜きでも、十分に美味しい料理が完成し、
現在では世界数十カ国から来店されるお客様にもご満足頂いております。」

と店主の上原さんの自信あふれるお言葉をいただきました。

見えないところでの努力は自信と結果をもたらしてくれるのですね。

そして、そんな忙しい最中でもスタッフさんは皆さん笑顔で対応してくれて・・・
ありがとうございます。

 

そしてもう1つ。
優しさはスタッフさんやごはんだけではありません。
お店に入ってすぐのところにはスタッフさん手作りの折り紙がいっぱい並んでいました。

7_%e5%85%83%e6%b0%a3%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93-%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-6

こちらはお持ち帰りできるそう。
折り紙って、外国の方にすごく人気なんですよね。

折り担当のスタッフさん「すぐなくなっちゃうんです。生産が追い付かなくて電車の中でも折ってます」
とまぶしい笑顔でおっしゃっていました。
その笑顔から、ご自身でも楽しそうに折っている姿が想像できました。

これもまさにおもてなしの心。
サービスではなく、自分自信でもお客様をお迎えすることを楽しむというおもてなしを、
スタッフの方々から感じられました。

 

ヨガのクラスも同じ。
迎え入れる空間を整え、提供するものにはこだわりを持ち、それに向かって自分でも努力をする。
かえもんさんに流れる空気から、改めて感じさせていただきました。

きっと、かえもんさんを出た後には満たされたおなかと満たされた心が待っていると思います。
おもてなしの空間に足を運んでみてください。

 

( Writer / かをる )

 

元氣になるごはん かえもん浅草本店 の詳細はこちら↓↓↓

HP:http://www.organickaemon.com/about.html
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13184116/

今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

Copyright © 2016 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る