『バンデミエール・ヨガスタジオ』初心者からインストラクターのスキルアップまで。続けられるヨガスクール

【動画配信】ダイナミックに動こう!バンデヨガ・バック・コンディショニングフローA | 墨田区・文京区の少人数制ヨガ教室

News

ニュース

{

column

}

【動画配信】ダイナミックに動こう!バンデヨガ・バック・コンディショニングフローA

2020年04月26日


バンデミエールのYouTubeチャンネル生まれ変わりプロジェクト。
ブログでのご紹介が追いついておりません!動画がどんどん配信されています!!

みなさまぜひチャンネル登録をしていただいて、新着フローにすぐにチャレンジできるようにしていただけたら嬉しいです♪
チャンネル内ではクラス風にフローをつなげて楽しめる「再生リスト」も作成しています。
ぜひぜひ見てみてくださいね!

ですが、引き続き追っかけながら、こうしてブログでも改めての解説を加えていければと思っています。
よろしくお願いいたします。

さてさて、本日ご紹介するフローは、ダイナミックな動きと、軸をつかむ感覚を同時に味わえる、背中や体幹にアプローチするフローです。


■バック・コンディショニングフロー

手足を床につけて自分の重さを支えながら展開するフローです。
背骨をしならせたり、まっすぐ伸ばした状態をキープしたままバランスしたり。
ちょっぴり大変なフローではありますが、難しいものは1つ前でキープしておいてスキップさせちゃうなど、自分のペースで省きながら少しずつ実践してみてください。


■登場ポーズ

エーカ・パーダ・アドー・ムカ・シュヴァーナアサナ
カマトカラアサナ
ヴァシシュタアサナ
ファラカアサナ(プランクポーズ)   等

——ご注意——
「バンデヨガ」はあるポリシーから、クラス中にポーズの名前は言いません。
動画中でも同様にポーズ名は省いています。
ぜひみなさまも実践中は名付けられたカタチにこだわらず、一瞬一瞬変化する“そのとき内側に何が起こっているか”を感じることを楽しんでください。
もしポーズのお名前が気になる方は、上記よりコピペして検索等お試しください。いろんな方の解説がヒットすると思います。(ポーズ名は流派によって表記の仕方が若干異なっています。)

——そうは言っても、サンスクリット語 豆知識!——
エーカ:1

パーダ:足

「エーカ・パーダ・○○アサナ」と呼ばれるポーズはけっこうたくさんあります。
1つの足という意味なので、基本的に両足でとるけど片足になってみた的なポーズは、頭にエーカ・パーダがつくことになります。
(例:片足のブリッジ = エーカ・パーダ・ウールドヴァ・ダヌラアサナ)


■こんなときにどうぞ

体幹トレーニングとして
思いっきり動きたいとき
背中やウエストのシェイプアップに


■要注意!

まず、足がマットからはみ出るポーズが出てきます。
ダウンドッグから片足上げて、反対側にぺらりと倒れるやつ。半分のブリッジみたいなやつ。
これは、「カマトカラアサナ」と言われています。

コツは、脚の重さに引っ張られるイメージで下から身体がめくられるように移行すること。
なので理想は、骨盤がしっかりと開き、おへそが上を見ます。
そのためには、軸足となった方の足の裏でしっかりと床を捉えてお尻を持ち上げることが大切です。

ですが何より大切なのは、このポーズを勇気を持って行うために、マットの周りのお片づけをしておくこと。
万が一転んでしまっても、何かにぶつからないよう安全確保です。

ヨガの行動理念のひとつに〈シャウチャ〉というものがあります。
〈清浄〉という意味。

何かに向かう前には、身の回りはもちろん、心も身体も整理整頓して、気が惑わされない状態でなければいけないということを教えてくれています。
テスト前に突然机や部屋の掃除をしはじめる、あの経験は、実はヨガ的に的を射た行動だったということで理解しています。笑

おうち時間が増えて家具屋さんが賑わっているというお話も度々聞きます。
後回しにしていたことを行うチャンスかもしれません。
ぜひ、ヨガも楽しめる、シャウチャな空間を作られてみてはいかがでしょうか?!


そのほか、より気持ちよく動くための意識の向け方や想像力をはたらかせるヒントなどは、引き続きスタジオクラスでしっかりとお届けします。
合わせてお楽しみくださいね!

みなさまの毎日に、バンデヨガフローがあれば嬉しいです。


(writer / ゆか)

  • 月別アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

    Copyright © 2013-2018 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

    ページの先頭へ戻る