News

ニュースa

{

love_oashiage

}

031 極太うどんなスピリット “ししまる”

2016年10月18日


押上駅近くに、一見古民家カフェ風なお店を発見しました。
その看板がなければ、どう見てもカフェな外見。でも、看板には太太と書かれてあるのです。

「うどん」

店名よりも大きく書かれてあるのです。
そして「うどん」の下にはやはり店名より目立つ字で「酒肴」。

01_%e3%81%97%e3%81%97%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%93

この主張具合、俄然興味が湧いてしまいます。
世界へ向けて、「ウチのうどん、どうだ!」と言い切っている。
『ししまる』という店名よりも、中身を味わってくれ、という店主の自信が感じられます。

秋のイベント『チャレンジ!ヨガトレ 〜いつもの街で、いつでもできる、RUN & YOGA』に
ご協賛いただけるお店を探し、ウロウロしていたチーム・ヨガトレ。
この主張と自信に惹かれない訳がありません。(笑)

さっそくこの素敵な暖簾をくぐり、お話聞かせていただきました!

 

『ししまる』さんは、スカイツリーの営業開始とともにお店を立ち上げたんだそうです。

お店の看板である「うどん」は、もっちりコシの強い極太うどん。
初めて聞きましたが、“武蔵野うどん”というそうです。

麺は茹で上がると一度洗い、ザルに盛ってつけ汁でいただくのが武蔵野うどん。
麺が薄茶色いのが特徴です。
この武蔵野うどんの独特な色は、小麦の胚芽も一緒に挽いた粉だから。
単なる炭水化物に留まらない栄養価の高さに注目、ですね。

そして、武蔵野うどんは、新鮮さが命なんだとか。
劣化が早く、茹でた後の保存にも向きません。
蕎麦に比べると完成までの手間も時間もかかります。
ですから、店長のご実家である国分寺の人気足打ちうどん処から、麺を毎朝仕入れているとのことです。

生まれ育った土地の郷土料理であり、どこよりも信頼がおけるご実家の麺で、
東京の東に勝負を打って出ているという気合い。
こうしてお店の由来を聞かせて頂けると、横浜の山中に住む私も押上の地でがんばるゾ!という思いが新たに。。

 

さて、この武蔵野うどん、通常は肉汁につけていただくのが故郷の味だそうですが、
『ししまる』さんはここでも新しいアイデアにチャレンジしていらっしゃいます。
今回頂いたのが、アジアン風イエローカレーのつけ麺に、カルボナーラ風に演出したサラダうどん。
モダンな感性で表現する自由さと、グローバルさが、古き良き郷土の伝統にチャレンジ精神を注ぎ込んでいるよう。

噛む回数を多くすることは消化向上はもちろん、脳の活性化にもなることは皆様ご存知の通りですが、
力強いコシ麺をしっかり噛むことは、チャレンジ精神と感性の自由さも育むに違いないっ、
と感じてしまう私でありました。

01%e3%81%97%e3%81%97%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%91 01%e3%81%97%e3%81%97%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%92

 

『ししまる』さん、夜はさらに本領発揮。常連さんの集まる居酒屋へと変身します。

スタッフさんも常連さんもフレンドリー。
カウンターに座れば、見知らぬお隣の方とも美味しい食べ物の話題で盛り上がる、アットホームなお店です。

そして重要なのが、ベジタリアンに嬉しいお野菜豊富なメニューも豊富なこと!
「ゴボウの南蛮漬け」「ヒジキサラダ」など、これまた伝統的お惣菜のトッピングに香菜をたっぷり使うなど、
気の利いた演出で提供されています。

01_%e3%81%97%e3%81%97%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%94

 

今回のご協賛では、イベントにご協力くださっただけでなく、
「ヨガやランニングする方に、野菜スムージーを開発しようと思います。」と、
新しいメニューまで考えてくださっているんです!

う、嬉しい。。

最初の一杯を健康的に始められる様にと調べ、新メニューを開発してくださっている『ししまる』さん。
このありがたいチャレンジ精神、ぜひぜひ舌とお腹で味わって我らがモノにしたいです!

 

実は、バンデミエールのお客様からも、このお店がオススメだと聞いたことがあります。
イベントでは特製mapでご紹介もさせていただきますので、ぜひぜひみなさま行ってみてくださいね♪

 

( Writer / ゆきゑ )

 

ししまるさんの詳細はコチラ↓↓

タベログ:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13118969/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/52397sg10000/

今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

Copyright © 2016 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る