News

ニュース

{

god

}

【ブログ】インドの神様を(ゆるゆると)語ってみる。vol.3

2015年06月14日


さてさて、ハヌマーン様です。

ゆるりとしたイラストと共に気の向くままにお届けしております、インド神話のバンデ的解釈。
今日はお猿さんの姿をしたハヌマーン様の番です。力強さや勇気、信愛と献身を象徴する神様。

 

ハヌマーン様、ヒーローです。孫悟空ばりの。
インドの伝説『ラーマーヤナ』で主役を食うんじゃないかという活躍をされているお方。
『ラーマーヤナ』は、インドネシアの伝統舞踊ケチャの中で演じ続けられていたり、連続ドラマ化されていたり、
西遊記や桃太郎、いろんな物語のルーツになってるお話です。

この物語の中で、どんな活躍をされているかというと・・・

主人公の王子様、ヴィシュヌ様の化身でもあるラーマ様。
その奥様、超絶かわいい(田んぼから生まれた)大地の神、シータ様。
悪魔にさらわれたシータ様を助けにいくラーマ様にハヌマーン様がお供することに。
島を飛び石のようにポーンポーンと跳んで海を渡って、シータ様のもとへ向かったそう。

でも、悪魔は強い。
一度は捕まったハヌマーン様、しっぽに火をつけられたのですが、、、

身体の大きさを自由自在に変えられるハヌマーン様は、
でっかくなって、そのしっぽ振り回したんだとか!
その辺一体火の海にして、見事シータ様を助け出しました。笑

 

・・・なんとなく、思い出すものがみなさまの中にないでしょうか。

ラピュタ。

さらわれて助けにいくのは、どんな物語でもテッパンかも知れませんが、姫の名前とか、
ちょっとシーンは違いますが、シータが巨神兵の巻いた火の海に囲まれてる絵も印象に残っています。

と、少し調べたら、そのルーツ説どうやら信憑性あるみたいです。
気になる方は「ラピュタ ラーマーヤナ」で検索をっ!笑

 

もうひとつ、豪快なエピソードをご紹介します。
ハヌマーン様、からだも大きくできれば、とてつもない怪力の持ち主です。

あるとき、ラーマ様の弟が病気になってしまいました。
そこでハヌマーンは、この弟を蘇らせてラーマ様を元気付けようと、
ある薬草を探しに山へでかけました。

日の入りまでに見つけないと効力がなくなるらしいのですが、どうしてもみつからない。。。

そこで。
持ち前の怪力を生かしまして、山ごと引っこ抜いて持ち帰りましたとさ。

めでたしめでたし・・・じゃないっていう話です。笑
かわいいですね、まったく。

 

と、一見豪華なエピソードではありますが、よくよく読むとどちらも優しさに満ちています。
愛と勇気をもって大切な人のために尽くす、さすがヒーローな神様です。

 

ハヌマーン様の名前はヨガアサナの中にも。
「ハヌマーン・アサナ」猿王のポーズ。

ハヌマーン様の素晴らしい跳躍の姿が元となって、捧げられたアサナだそうです。

コツは、ハヌマーン様にちなんで「勇気」ではないでしょうか。
あと、自分のからだを信じる心と、何よりリラックス。

でもやはり、準備がないとケガしちゃうので、このポーズに向かうためのアサナがこちらです。
みなさんがいつもバンデヨガのクラスの中でやってます。
ナマスカーラの中に出てくる、このポーズ。

「アンジャネーヤ・アサナ」です。
日本語では三日月のポーズと言われますが、
アンジャネーヤは何を隠そう、ハヌマーンのお母様のお名前です。
股関節の広い可動域はもちろん、鼠蹊部や太ももの筋肉、上半身と下半身をつなぐ腸腰筋。
普段のクラスでみなさまたくさん鍛えています。

このポーズの練習の積み重ねから、ハヌマーン・アサナは生まれます。
まさに、親子。
勇気と信愛の心をもって、ハヌマーンにも一緒にチャレンジしていきましょうね!

 

  • 月別アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 今そこにある 尊いあなたの 幸せと成長を

    Copyright © 2016 vendemiaire yoga center. All Rights Reserved.

    ページの先頭へ戻る